デリヘル嬢への心得を知る

デリヘルはいくら客側がお金を払っているからと言っても、サービスを提供するのは人間であるデリヘル嬢です。デリヘル嬢も仕事とは言え、体調の悪い日もあれば気分が乗らない日もあるでしょう。プロのデリヘル嬢ほどその辺りの差を見せないように振る舞いますが、どれだけデリヘル嬢側が頑張っていても、利用する客側がそれを台無しにしてしまうこともあります。

このページではそんなデリヘルの気持ち良いサービスの受け方について解説します。デリヘル嬢への接し方や振る舞いの一つ一つが、デリヘルのサービスに良くも悪くも影響を出すのです。

デリヘル嬢への態度

まず、デリヘル嬢に対して恐怖を与えたり脅かしたりするような態度はNGです。

知らない男性と部屋で二人っきりという状況は、いくらデリヘル嬢と言えでも多少の不安は感じるもの。そんなデリヘル嬢に言葉や態度で更なる恐怖を与えてしまっては伸び伸びとサービスを行って貰うことが出来なくなります。そうなると損をするのは自分の方。例えお金を払っているとしても、デリヘル嬢には普通の女性と仲良くするつもりで丁寧に接しましょう。

デリヘル嬢との距離感

デリヘルは風俗の中でも最もプライベート感を体験できる風俗です。自宅やホテルに呼ぶことにより、普段の商業的な雰囲気を払拭することができ、まるで彼女が訪ねてきたかのような気分を味わうことができます。

だからと言って近すぎる距離感はNGです。しつこく連絡先を訪ねたり、彼氏はいるのかなどプライベートな質問を続けたり、デリヘル嬢が返事に困るような事を執拗に聞くのはデリヘル嬢に嫌われるもとになります。その場は笑顔で交わしていても、お店に戻れば「あの客はイヤだ」と言われ次回から利用不可になってしまう事もなくはありません。プライベート感がウリと言ってもあくまでデリヘルはサービス業。境界線が曖昧にならないようしっかりと認識しておくことが大切です。

デリヘル嬢が嫌うこと その1

いくら仕事と言ってもデリヘル嬢に対して何をしてもいいという訳では当然ありません。本番を強要したり、無理なプレイをお願いしたり、デリヘル嬢が困るようなことを強引に押し通そうとする行為は絶対に嫌われます。嫌われるだけならまだマシですが、度が過ぎた場合は店に報告され利用禁止になることもあります。

デリヘル嬢が嫌うこと その2

デリヘルのプレイ前には入浴をすることになっていますが、だからと言って何日もお風呂に入っていないような状態でデリヘル嬢に面会するのは避けましょう。第一印象はとても大事で、そこでテンションを下げてしまうと中盤のプレイに響きます。無理やり持ちなおそうと頑張ってみても一度ついてしまったイメージは中々拭えません。清潔は女性がとても気にする部分なので、利用客もマナーの一つとして身だしなみは整えておきましょう。

デリヘル嬢が喜ぶこと その1

多くの女性たちが口を揃えて言うことですが、プレイ前には爪をきれいに切っておきましょう。女性器と言うものは大変傷つきやすく痛みにも敏感です。もしも爪が伸びた状態で女性器を触り続けたら…感じるものも感じられずデリヘル嬢の気分もどんどん下がっていきます。今まで気にかけたことが無かったという男性は、次回からぜひ爪を短く切ってヤスリで整えてからデリヘル嬢を迎えましょう。

デリヘル嬢が喜ぶこと その2

デリヘル嬢を呼ぶ際、部屋の中は綺麗に整頓しておきましょう。最低でもベッドとバスルームは女の子を幻滅させない程度に。汚い部屋というのはそのまま家主の印象となり、その後のプレイや次回指名時に影響を出すかも知れません。部屋の掃除も身だしなみの一環としてデリヘル嬢が来る前に終わらせておきましょう。

デリヘル嬢が喜ぶこと その3

別れ際の一言と言うのは思いのほか耳に残るものです。デリヘル嬢を送り出すときなどに一言「楽しかったよ」や「すごく癒されたよ」などと言ってあげると、デリヘル嬢も接客して良かったという気持ちになります。次回も指名する可能性があるなら「次は指名するね」などと言うのも高アピールになります。

良い印象を持って貰えれば、今後のサービスの向上にも繋がります。デリヘルも人と人とのコミュニケーションが要です。良い人間関係を作っていく感覚でデリヘル嬢との時間を大切にしましょう。